ウサビッチ裏話 1 「プーチンの中のひと」

投稿日:

ウサビッチのアイキャッチ

こんにちは。サウンド担当の上野大典と申します。

 

弊社の入り口には関わった作品のキャラクターさんたちがお客様をおむかえしています。

 

その中でもカナバングラフィックス様の「ウサビッチ」はとても多くの方々の記憶にあるようで、参加した人間としてもお話をいただけると非常に嬉しいのです。

広報担当のニャカジマさんにも「『ウサビッチ裏話』を書きましょう!」とおっしゃっていただいたので、サウンド担当としてのお話を書いていこうと思います。

 

 

プーチンの声

・・・を、私がやることになったのは富岡監督からビデオコンテ用に、仮でいいので「ウホッ」とかそういう声をつけてほしい、という理由だったと思います。

 

地声です。

 

監督からは電話越しに時折プーチンが現れる、と言われたことがあります。

弊社にお電話いただく機会がありましたら、プーチンの中の人が応対させていただきます。

 

 

おまけ1「自分をモノマネして似てないと言われる」

 

そういえば、飲み会などで「プーチンの声を担当していました」と自己紹介をさせていただくと「ぜひプーチンの声をやってください」というご要望をいただいた時期がありました。

 

そこでひとつ、私も「ウホッ」と頑張るわけですが、それを聞いていただいた方から「曖昧な微笑み」で返されたり、果ては「そんなんだっけ?」などと言われてしまうことも多く、悲しくなったのでやめてしまいました。

 

 

ある有名な漫画家の先生が、サインをする時に色紙にキャラクターを描くのがいつも緊張するし、下書きができないためにうまく描けず、申し訳ない気持ちでいっぱいになる、とおっしゃっていました。それに似ているような気がいたします。

 

 

シリーズも重ねて10年もたつと、大人でも人間、声が変わってまいります。

もしみなさまとお会いする機会があって、私が自己紹介で「ウサビッチ」のお話をしたとしても、そっとしておいてやってくださいませ。

 

お正月の親戚のおじさんのように「ハイ、何かやれ〜」といじめないでやってくださいませ。

 

 

 

おまけ2「ダンスの時間のラジオ」

「何語でしゃべっているのか全然わからない」というコメントがニコニコ動画さんでシューっと流れていくのを見た気がしますが、あれは全編1発録りのアドリブで、特に何語、というわけではないのです。

 

当時の職場には録音用のお部屋がなかったので、平日のお昼に「2分くらい静かにしてね」と、みなさまにお願いして社長と私で、漫才のように1本のマイクの前でしゃべった記憶があります。

 

 

そういえばウサビッチ・シーズン2で「ボリス」と「コプチェフ」という民警2人組がキレネンコにやっつけられるたびに「ティッチョールト(日本語で「ちっくしょー!」と聞こえるらしいですが、ロシア語でも「ちくしょー」的な意味です)!」と叫ぶのですが、最近テレビで「インディー・ジョーンズ、クリスタル・スカルの王国」を見ていたらケイト・ブランシェットさんが同じセリフを叫んでいました。

 

1人で勝手に懐かしんでいました。

 

 

 

また思い出したお話があれば書いていこうと思います。

それでは失礼します。